歩けなくなるくらい痛くなる足のトラブル

足のトラブルの原因はどういったことがあるのでしょうか?
靴の中で足は圧迫されます。
防御反応が生まれて角質が厚くなります。
これが硬くなると「タコ」や「ウオノメ」になります。

また爪が皮膚を食い込んでしまう場合があります。
巻き爪という症状です。
水虫になるのは革靴で通気が悪くなることです。

タコ

原因はハイヒールなどによって刺激されて角質が硬くなるからです。
靴で圧迫刺激された箇所の角質が盛り上がったようになり硬くなります。
入浴時に皮膚が柔らかくなりますから軽石を利用して表面を丁寧にこすってみましょう。
入浴語には、尿素配合のクリームを塗布してケアを忘れずに!

魚の目

角質の奥に芯ができます。
歩くのが辛くて、まるで刺さるような激痛が走ります。
ハイヒールを履くのは止めておきましょう。

水虫

男性の病気と思われがちですが最近は女性患者も増えています。
感染を防ぐには毎日綺麗に足を洗うことです。
市販の治療薬を毎日塗布しておけば6カ月程度で治癒するでしょう。

巻き爪

足の爪の両側が曲がってくる症状です。
皮膚を圧迫することによっておこりますが、悪化してしまうと手術をしなければなりません。

靴や靴下などのお手入れをお忘れなく

足の裏は皮脂腺がありません。
角質がたまりやすくトラブルが発生しやすいので注意しましょう。
靴はシーンによって小まめに履き替えることをお薦めします。