ニキビ治療の為にビタミン剤を使う

ビタミンCがニキビ治療に有効とされています。
これは二次的な色素沈着を防ぐ意味があります。
ビタミン剤を摂取することで美肌になれるとは言い切れません。
けれども可能な限りビタミンを意識して摂取するようにしましょう。

ビタミンB2・B6が不足している日本人はほとんどいません。
ビタミンサプリを利用して必要以上のビタミンを摂取したとしましょう。
でもビタミンB群やビタミンCは水溶性です。
尿と一緒に身体の外に出てしまいます。

ビタミンAやビタミンEは油溶性です。
身体に蓄積してしまいますから、バランスがとれた食生活が大切です。

飲むビタミンCと塗るビタミンCはどちらが効果的?

答えは直接塗布する方です。

肌荒れやニキビ治療に使われるビタミン剤

ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンCが代表的です。
最も分かりやすいのは「アスコルビン酸」が含まれているビタミンCです。
ビタミンB2やビタミンB6は皮脂コントロール機能があります。
不足するとニキビの原因になるでしょう。
ビタミンCはコラーゲン生成を刺激します。
不足してしまうと肌荒れになるのです。