ニキビ治療などの外用薬

外用薬の代表格はニキビ治療や水虫治療薬です。

ニキビ治療

角質を溶かす薬を使います。
これによって塞がってしまった毛穴をまず開かせます。

次のステップでは「抗生物質」を投薬してアクネ菌をやっつけます。
使われる抗生物質は「ニューキロノン系抗生物質」や「リンコマイシン系抗生物質」です。
患部に炎症が見られる場合は「抗炎症作用がある外用薬」と使います。

水虫治療

抗真菌剤を塗布するアプローチが一般的です。
短期間で治癒することはなく最低でも6カ月は治療に専念しなければなりません。
処方される薬は「表在性抗真菌薬」「チオカメバメート系抗真菌薬」「アリルアミン系抗真菌薬」「モルホミン系抗真菌薬」「イミダゾール系抗真菌薬」「ベンジルアミン系真菌薬」です。

痒みを伴う湿疹治療

この場合に塗布されるのは「ステロイド剤」です。
すりこまずに優しく伸ばすことが塗る場合の秘訣です。
刺激を与えると患部に良くないからです。
綺麗に手を洗って消毒した指先で少量をとりましょう。
できるだけ薄くのばすようにしましょう。
一度にたくさん出すと失敗します。