タコやイボの治療はお早めに

皮膚トラブルで最も厄介な症状はイボです。
ウイルス感染で起こるからです。
皮膚科では「液化窒素」を使用して凍らせる治療が一般的です。

足の裏にできるイボは注意しましょう。
魚の目と勘違いしてハサミで切り取ったりすると危険です。
さらに広がってしまう恐れがあります。
素人判断は危険ですから必ず皮膚科受診して下さい。

魚の目・タコの治療

角質が硬くなりコンモリと盛り上がっている部分を慎重にハサミで切り取りましょう。
魚の目は芯が奥深くに入り込んでいます。
症状にもよりますが鈍痛がある場合もあります。
数回にわけて処置することもあるのです。
皮膚の奥深くまで侵入してしまった角質を取りのぞかなければ再発するからです。

ニキビ治療

初期のニキビならばコメドと呼ばれる皮脂を上手く押し出せばOKです。
治癒も早いしニキビ痕にもなりません。
コメドを取り出す器具は市販されています。
ですが最も安全なのは皮膚科受診です。
ニキビは重症化する前に治療するのがベストです。