化粧水と乳液で美白肌を勝ち取る

ファイシャルケアの基本をマスターしよう

洗顔やクレンジングをすると皮脂がなくなる

水分が少なくなっている皮膚の状態になっています。
まずは失ってしまった水分を補充するために化粧水と使います。

洗顔後90秒以内に化粧水を付けること!

手の平に化粧水をタップリととります。
お肌に押さえつけるようにすれば刺激が少ないです。
やさしく馴染ませるイメージを満ちましょう。

お肌を押さえつけるように!

コットンを使うのはアウトです。
繊維が毛羽立ててしまいますし、その刺激はデリケートなお肌を傷つけてしまいます。
素手でやってください。
疲れたお肌は敏感になっているのです。
化粧水は保湿効果が配合されている商品をチョイス!

乳液は薄い保護膜を作ってくれてお肌を守ってくれる

お肌の馴染みを良くしているものがお薦めです。
水が主で15%から30%の油の配合がいいでしょう。
手の平に10円玉サイズの乳液を取り出します。
お肌への馴染みを良くするように少し手の平であたためます。
そして顔の中心から外に向かって押すようにしてください。
決してゴシゴシと擦ったりしてはダメです。

水分補給に役立つ保湿化粧水

洗顔したあとにたっぷりとつけましょう。
乾燥がひどいシーズンは化粧水を含ませてコットンパックをするのも有りです。
基本的には手でたっぷりとつけてお肌に馴染ませてください。