いつまでも輝くお肌であるために

フェイシャルケアの基礎知識

フェイシャルケアとは……

お顔を綺麗に美しく維持する目的で手入れすることをいいます。
二十歳代ならば若々しくてみずみずしかったお肌も、アラサーにもなると弛みやシワが目立ちはじめます。
そういったエイジングを防ぐためにするのがフェイシャルケアです。

日々の積み重ねがとても大切です。
若さを保つ秘訣は<どれぐらい肌をきれいに維持できるか>に依存しています。
自分自身のお肌と特徴や性質を理解して、間違いのないフェイシャルケアをしましょう。

皮膚の構造の知識

3つの層があります。
これらは命を維持するためにとても大切な役割を持っているのです。
では個別に説明してゆきます。

表皮

皮膚の一番外側にあります。
お肌の張りや滑らかさ――お肌の美しさや質感に関係してきます。
0.2mm以下というとても薄いです。
体内からの水分の蒸散を防ぐことや外界からの異物混入を防ぐことが役割です。

真皮

表皮の内側にあります。
皮膚の本体と言ってもいいでしょう。
物理的な衝撃から身体を保護してくれる層です。
厚みは1mmから1.5mmです。
主にエラスチンとコラーゲンからできていて真皮内の水分を維持する役割があります。
ヒアルロン酸を中心としたゲル状の物質でできています。

皮下組織

皮膚の一番内側にあります。
大量の皮下脂肪が蓄積されている部分です。
体温の発散を防ぐことと外部からのショックから身体を保護する役割がメインです。