間違った誤解から招く混合肌

間違って誤解したスキンケアが混合肌をつくることがあります。
例えばこんな例です。
高齢になっても脂性肌と思い込んでいてサッパリ化粧品を使い続けることです。
気になるTゾーンの油分をオフしようとして強く洗うのも混合肌を作ります。
乾燥肌のスキンケアをしすぎて悪影響になることもあります。

最近では職場環境やストレスも混合肌の理由とされています。
エアコンの使い過ぎはお肌を乾燥させてしまいます。
結果、ターンオーバーが乱れてしまうのです。

混合肌のスキンケア
まずは洗顔と保湿です。
汚れをしっかり落とさなければ綺麗になりません。
顔のそれぞれのパーツにあったケアを心がけましょう。

食事についてはビタミンB6やビタミンB2などのビタミンB群を積極的に摂取しましょう。
それが肌荒れに効果があります。
湿度は40%から60%の環境にしてください。
紫外線対策をして質の良い睡眠もスキンケアとしては効果があります。
ウォーキングや軽いストレッチなども毎日行って血行を良くすれば血流が良くなりお肌の張りが蘇ります。