敏感肌の原因を知り未然に防いでいく

敏感肌かどうかは自分勝手に判断しないほうがいいでしょう。
場合によったら「アレルギー性接触皮膚炎」という疾患かもしれないからです。
洗剤・化繊繊維の下着の着用・金属製のアクセサリー・化粧品の刺激が原因になります。

パッチテストを受けることで何が原因か診断できますから皮膚科医に相談してください。
症状の典型例は皮膚に赤味が出るとか痒みです。
医師の指示にしたがい正しい処置をしなければなりません。

敏感肌のキッカケ

肌の乾燥が原因です。
生まれついての体質で敏感肌であるのはレアケースです。
大半は間違ったスキンケアをしているからです。
お肌を乾燥させてしまってバリア機能を破壊してしまっているのです。
具体的には「季節の変化や年齢にそぐわないスキンケア」や「洗顔のしすぎ」や「乱れた食生活」です。

敏感肌のお手入れ

洗顔料はしっかりと泡立てて、その泡で洗うようにしましょう。
決してゴシゴシと擦ってはいけません。
洗顔後は化粧水と乳液でケアするようにしてください。
食事も和食を中心としたバランスのよいものを摂取しましょう。
睡眠不足にならないように良質な睡眠確保も敏感肌には効果的です。